セイムエアー

正社員、アルバイト、株式投資の3本の矢+αで日本の貧困から脱却するブログです。GO rich!

SNSが崩した国際交流の心理的障壁

SNSが崩した国際交流の心理的障壁

 

 SNS、いわゆるソーシャルネットワーキングサービスがある。私達が具体的に想像できるSNSといったら、LINE、Skype、Twitter、facebook、Instagramと言ったところだろうか。これらSNSの出現のおかげで容易に異国の人達ともコミュニケーションが取れるようになった。前述の映画においてもfacebook内での出会いをモチーフとしたものになっていた。私達が思っている以上に世界との壁はSNSが崩してくれている。

 

 

line.me

 

twitter.com

 

 例えば、Twitterではハッシュタグを設定すれば容易に外国人と交流を取れる。また、ダイレクトメッセージを用いればより深いコミュニケーションを取ることも可能だ。私も実際にアメリカ人のSF作家とダイレクトメッセージからの交流がきっかけでメールアドレスを交換したことがある。

 

 

 

 同様にfacebookを用いた交流方法もある。前述の実話映画のようにfacebookニュースフィードのコメントから外国人の人とコミュニケーションを取ることもできる。さらには、ペンパル募集サイト等でメッセージ交換をしてからfacebookで友達になってfacebookのメッセンジャーで交流をすることもできる。

 

 

 

 これらSNSの出現。国際交流がしやすくなったとあなたは思わないだろうか?それまでは外国人と交流する手段は限られていた。また、インターネットが活発化するまでは文通ないしは電話(高額の)しか交流手段がなかった。それがどうだ。インターネットが登場してからは全てが様変わりした。まず、見ず知らずの人とメールでコミュニケーションが取れるようになった。相手の容姿も、素性も知らなくても交流を楽しめる。画期的な出来事ではないだろうか。しかもそれが無料で出来るのだ。1999年に公開されたアメリカ映画「ユー・ガット・メール」でもメール交換を通じて恋心を芽生えて行く人達の過程が描かれていた。

 

 

 

 

 しかも、いまやSNSを用いて交流を持つことが普通である。SNSの利点はメール交換よりもさらに気軽に交流できるということだ。見ず知らずの人に自身のメールアドレスを渡すのは抵抗があった人でもSNSなら・・と考える層が一定数いることは想像に難くない。

 

 

 

 これはLINEやSkypeにおいても同様である。LINEやSkypeではIDを相手に伝えるだけで簡単にコミュニケーションが取れるようになる。また、facebookと異なり友達登録のように構える必要がない。それは必ずしも実名である必要がないからだ。もし、相手とのコミュニケーションが嫌になったり億劫になったりしたら相手をブロックして拒絶することもできる。今までのようにメールアドレスを受信拒否したり、facebookでブロックをして実際の人間関係に亀裂が入る可能性を考えるよりは心理的に負担がかからない方法になっているのではないだろうか。

 

 

 

 しかも、メールでの交流と異なりSNSのメッセンジャーでの交流は感情表現が多彩に用意されている。まず、使える機能がスタンプ機能である。文字だけで自分の感情を伝えにくい時にはスタンプを相手に送信することができるのだ。例えば、Skypeだったらおすすめ、スマイル、手ぶり、人と動物、物等のスタンプが用意されている。また、特殊なエフェクトとして大人気カートゥーンのアングリーバード等のスタンプも用意され、相手に自分の感情を表現する方法は多岐に渡っている。LINEについても同様である。無料で利用できるオリジナルキャラクターのムーンやブラウンを筆頭に個性豊かなキャラクター達があなたの感情表現の代替を担ってくれる。

 

 

store.line.me

 

 

 また、LINEの特化しているところとして日本のアニメや芸能人をモチーフにしたスタンプも有料で販売しているところだ。日本文化に興味がある外国人達との会話のきっかけに一役買ってくれるだろう。もちろん私も有料でスヌ○ピーやドラ○もん、スーパーマ○オのスタンプを購入して日々のコミュニケーションに活用している。

 

 

 

 さらにさらに、SNSで相手に感情を表現する手段は多彩である。ボイスメッセージや動画を相手に送ることもできるようになっている。例えば声で愛情を伝えたい時もあるだろう。また、自分の姿を相手に見せたい時もあるだろう。そんな時にでも気軽に相手に想いを表現することが今ではできるようになっているのだ。例えば、喧嘩をして直接TV電話をするのが気まずいとき。お互いに多忙で顔を見合わせる機会がなかったとき。愛する相手の感情が篭った動画を見るだけで元気が出るし愛情も感じられる。  

 

 

 

 極めつけに、LINEにしろSkypeにしろ「無料通話」ができる機能を備えている。国際電話はお金が高く使いづらいイメージがあったがそれがSNSの無料通話の登場で国際交流のメインツールに発展したのだ。実際のところ、私とアメリカ人妻の主なコミュニケーションツールもLINEないしはSkypeが主になっている。それでも無料通話というだけあって時たま音が途切れる場合がある。その時はLINEでもSkypeでも調子が良い方の無料通話で通話するという代替手段を講じることが可能になっている。そして特筆すべき点はどれだけ、何時間も話していたところでお金は基本的にかからないということだ。こんな素晴らしいことがあっていいのだろうかとも思うが今では大好きな外国人彼氏、外国人彼女と時間を気にせずコミュニケーションが図れるようになっている。

 

 

 

 インターネットとSNS利用の加速度的な進化は物理的な距離をも超越しパートナーとの心理的距離を縮めてくれる。そんな21世紀にある文明の利器を存分に活用してぜひあなたも国際恋愛、国際結婚をあなたも楽しんで欲しい。

 

 

 

 どうだろうか?あなたの心理的障壁も消え失せたのではないか?え?まだ?それでは今まで以上にまくし立ててあなたの国際交流のモチベーションを刺激していこう。