セイムエアー

正社員、アルバイト、株式投資の3本の矢+αで日本の貧困から脱却するブログです。GO rich!

未来を信じ、未来に生きる

未来を信じ、未来に生きる

 

7月に入りましたね。



タイトルが何やらポジティブな言葉ですけど



これ私が卒業した立命館大学にある石碑の言葉です。



卒業証書にも書いてあります笑



↓↓ちなみにこれね。衣笠キャンパスの正門を入ってずっと直進するとぶち当たります。

$日本の最底辺「西成」で生きるワープア日記









在学している時は大学の偉い人が厨二病wwwプゲラwww



としか思っていなかったんですが



職を失い、この言葉がふと頭のなかに蘇ってきたんですよ。



通学時にこの石碑の前を通っていたからでしょうか。





ま、それでちょっと好奇心で調べてみたら

この言葉には続きがあることがわかりました。



せっかくなのでこのブログで紹介したいと思います。







末川博先生の言葉




未来を信じ、未来に生きる。


ここに青年学徒の生命がある。


その貴い未来と生命を諸君は、


自ら汚がしてはならず、


他から奪われてもならない。


これから諸君の進む道は、


ジグザクと時には暗く時には


険しいこともあろう。


だが、諸君がいつも心に太陽をもって


事望み燃えながら前進するとき、


脚下の大地は揺るぎなく


頭上の星は黎明の近きに輝く。


理想は高く姿勢は低く、


学習を終生の業として


一歩づつ前へ前へと進もう。


諸君の若い生命は、二十一世紀の


平和なすばらしい歴史につながる。



諸君の自重と自愛を望むや切である。



1964年3月










以上です。

どうでしたでしょうか。

出身大学の人の言葉だからってのもあるでしょうが

私は力をもらえました。


今の自分は同じ大学の人から見たら落ちこぼれです。

西成で働き、無職になり。。。。。。以下略

このブログ見てくださってるOBOGの皆さん

本当に大学の面汚しで申し訳ありません。




でもここで私は諦めません。

突き進みます。





険しい道程は成功への通過点。



自分に限界を決めない。

Beyond Borders

越えて行け RITSUMEIKAN

 

 

 

 

 

※立命大を卒業したことで商業出版する際のポテンシャルの担保にもなりました。何か問題や発想を見つけた際には問題を整理し、組み立て、理解する。そして、発信していく。その初歩を大学では学べました。