セイムエアー

正社員、アルバイト、株式投資の3本の矢+αで日本の貧困から脱却するブログです。GO rich!

日産自動車の大減配、ビジョナリーホールディングスの優待改悪があっても私が個別株積立投資を続けられる理由。

日産自動車の大減配、ビジョナリーホールディングスの株主優待改悪があっても私が個別株積立投資を続けられる理由。

 

【ブレイクスルー君の不労所得ポートフォリオ】

 【日本株】

・2424鉄人化計画 100株

 (会員カード(換算330円相当)、食事券2,500円分、株主関連者会員カード10枚(1枚換算100円、スパークリングワイン無料券950円として計算で合計4,780円)

 

・2762 三光マーケティングフーズ 200株 

(株主ランク・シルバー、40%OFF割引券年間12枚。1枚1000円換算×12=12000円、無配)

 

・3063 ジェイグループホールディングス 200株  

(食事券4000円分×年2回=8000、配当金600円)

 

・3167 TOKAIホールディングス 300株 

 (500mlペットボトルミネラルウォーター年48本=4100円、配当金8400円)

 

・3185 夢展望 100株 

(ライザップグループカタログギフト年4000円×2回)

 

・3197 すかいらーく 500株

(優待券15000円×1回、18000円×1回=33,000円、配当金10,500円)

 

・3598 山喜  400株    

(お買い物券2500円×年2回=5000円、オーダーシャツ割引券2500円×年2回=5000円、配当金1200円)

 

・4355 ロングライフホールディングス 200株  

(レトルトカレー8個詰め合わせ4320円、老人ホーム入居割引券10万円分=1000円換算、配当金1600円)

 

・4678 秀英予備校 100株

 (図書カード500円×年2回=1000円、配当金1,200円)

 

・4755 楽天 100株  

(楽天トラベルクーポン等=2,800円、配当金450円)

 

・4784 GMOアドパートナーズ 100株

(GMOクリック証券売買手数料キャッシュバック6000円、配当金600円)

 

・6356 日本ギア工業 200株 

(クオカード1000円相当×年2回=2000円、配当金800円)

 

・7022 サノヤスホールディングス 200株

(パレットタウン大観覧車チケット2枚=2000円、配当金1000円)

 

・7201 日産自動車  100株   New!! 2000円減配

(条件付きカタログギフト&ギフトカード10,000円換算、配当金2000円)

 

・7918 ヴィアホールディングス 300株   

(食事券30000円分、無配)

 

・8267 イオン 100株   

(株主カード3%キャッシュバック換算3000円、配当金3600円)

 

・8410 セブン銀行   100株   

  (配当金550円×2=1100円)

 

・8411 みずほフィナンシャルグループ 500株    

 (配当金375円×2=750円×5=3,750円) 

 

・9263 ビジョナリーホールディングス  10株(株式併合により10株) 改悪      

  (メガネレンズ仕立券20000円×2、その他30%割引券が100株より)

 

・9405 朝日放送グループHD  100株  

(クオカード500円×2=1000円、配当金1800円) 

 

・9633 東京テアトル 100株

(映画券年8回(1800円×8=14,400円相当、配当金1000円)

 

・9831 ヤマダ電機 100株

(割引券年2回(500円×2&500円×4=3,000円相当、配当金1,700円)

 

・9861 吉野家 100株

(優待券3000円×2回=6000円、配当金2000円)

 

・9980 MRKホールディングス 1200株  

(RIZAPグループ商品15000円×2回=30000円、配当金1200円)    

       

 

・諸々の端株(数年前流行った端株優待のため取得していた)

 

(配当金合計4,902)

 

【諸々の端株の中からの優待】

・3636 三菱総合研究所    

(東洋文庫ミュージアム美術館チケット1枚1000円換算、フロネシス(1冊1800円換算、配当金80円)

 

・4543 テルモ 1株 

(端株優待、自社オリジナルカレンダー680円換算、配当金28円) 

 

・4676 フジ・メディア・ホールディングス  1株  

(端株優待、フジテレビ球体展望室「はちたま」無料見学パスポート(700円相当)、社屋及び周辺でのイベント割引券(150円換算)、鴨川シーワールド割引券(150円換算)、合計優待換算1000円相当、配当金44円)

 

・5398 LIXILグループ 1株

(端株優待、卓上カレンダーorタイルカレンダー680円換算、配当金70円)

 

・7011  三菱重工業  1株  

(三菱みなとみらい技術館入館券500円換算、東洋文庫ミュージアム美術館1000円チケット換算、配当金65円)

 

・7638 NEW ART HOLDINGS 1株

(端株優待、ジュエリー、エステ、ゴルフ等割引券300円換算、配当金1円)

 

・8058 三菱商事 1株

(端株優待、静嘉堂文庫美術館無料チケット1000円換算、配当金63円)

 

・8591 オリックス 10株

(端株優待、株主カード換算1000円、配当金660円)

 

・9404 日本テレビホールディングス  1株  

(みんなのミュシャ展観覧チケット2名分1600円×2=3200円、ティップネス無料招待券3240円分換算、配当金34円)

 

 

【米国株】

・BTI ブリティッシュ・アメリカン・タバコ 43株 

(四半期配当、配当金12,321円)

 

・MO アルトリア・グループ 98株  

(四半期配当、配当金35,516円)

 

・ABBV アッヴィ 17株    

(四半期配当、配当金7,848円)

 

・T AT&T 54株

(四半期配当、配当金11,100円)

 

・WBK ウエストパック銀行   23株   

(年2回配当、配当金3,250円) 

 

【インドネシア株】

・ITMG インド・タムバンガラヤ・メガウ 300株   

(年2回配当、配当金9000円)

 

【積立株・SBIネオモバイル証券】

・2170 リンクアンドモチベーション  11株   積立中  New!

(配当金1株7円。四半期配当。if株数1000株=クオカード1500円×2=3,000円相当)

 

 

・7494 コナカ  11株   積立中  New!

(配当金1株20円、if株数100株=優待20%OFF券)

 

 

・8105 堀田丸正 500株   

 (ライザップカタログギフト2000円分)

 

【積立株・LINE証券】

・3048 ビックカメラ  4株  New!  積立中

(配当金1株20円。If株数100株=3,000円相当)

 

 

 

 

 

 所有株数=6,653株  UP↑↑(SBIネオモバ分)

所有銘柄数(端株除く)=31銘柄 

株主優待=208,150円 down↓↓

配当金=145,835円  down↓↓

 

合計=353,985円

 

 

不労所得41,865円が一気に消え去りました。

私が優待改悪や減配を予期していなかったのも悪いのですがそれでも私は個別株積立投資を続けていきます。なぜかって?それは収入が複数減あるから。

 

blog.tinect.jp

 

Books&Appsの安達さんはこのように評してくれています。

 

実際、タニタが社員を「個人事業主化」したというニュースを見たが、これは、賛否あるだろう。

タニタ社長「社員の個人事業主化が本当の働き方改革だ」

残業の削減をすれば改革になるのか」。谷田社長は常々こうした疑問を持っていたという。

過労死を招くような長時間残業は避けるべきとしたうえで、「たくさん働きたい人に対してきちんと報いる仕組みがないことが問題」とし、そのアンサーとして「社員の個人事業主化」を提示する。

この制度に社長自身手ごたえをつかんでいるようで、「2021年春の入社組は、全員が個人事業主になることを前提として採用するつもり」であることを打ち明けた。

タニタは「個人事業主化は強要しない。個人の意志だ」というだろう。

それが「すきなだけ働きたい人が働けば良い」のだと。

 

まあ、そのとおりかもしれない。

 

だが、どうか。

個人事業主が「クライアントが1社だけ」という状態は、収入の多寡によらず、サラリーマンよりも遥かにまずい状態なのは明らかだ。

はっきり言えば「いつ死んでもおかしくない」状態と言ってもよい。

それを「たくさん働きたい人に報いる」という表現はちょっと誤解を招くと思う。

 

本当に個人事業主化を勧めるのであれば、最低限、ちゃんと「タニタから」独立できるように

「残業させない」

「副業を支援する」

そして

「タニタ以外の仕事の口を紹介する」

などを先にやってから、個人事業主化を推進するのが、筋ではないか。

 

そうすれば、もはや彼らはタニタに頼る必要がない。真の意味での「独立」だ。

それならこの制度は機能するかも知れない。

言ってしまえば、「出来る人」ほど、タニタの仕事を重視しなくなって初めて、この制度は成功なのだ。

 

果たして、タニタにはその覚悟があるのだろうか?

タニタは「タニタに忠誠を尽くす必要などない」と、言い切れるだろうか?

 

私は、上で取材した31歳の若者のほうが、

「安定収入」

「副業収入」

「投資収入」

「業務委託収入」

と、ポートフォリオを組んでいる時点で、タニタの制度を遥かに上回る、賢く、時代に合った立ち回りをしていると感じる。

 

 

この4輪が私の不労所得ブーストの原動力。

投資収入がなくても安定収入と副業収入が生活を防衛してくれる。

安定収入に至ってはボーナスもしっかり支給され年100万は超える。

それが福祉という人から蔑視される業界でも、だ。

 

もし、種銭がない、やりがないがない。そう感じたら他の比率を上げる。

単純な種銭がないのであれば副業バイトを増やす。

やりがいが欲しいなら専門性や自分のスキルを試せる副業をする。

 

これらのリバランスを柔軟にしていくことで人生の選択肢すら広げられる。

そう感じています。

 

だから日産が減配してもビジョナリーホールディングスが改悪しても良い。

むしろ買い増してやる。単元株まで戻してやる。

そういう意気込みやモチベーションがさらにUPすること請け合い。

 

 

ポートフォリオワーカーは投資がだめなら労働で稼ぐ。

それができるのがブレイクスルー君。

名前の通りブレイクスルー(成長)していくヴェルダースオリジナル。

 

うえい!