セイムエアー

正社員、アルバイト、株式投資の3本の矢+αで日本の貧困から脱却するブログです。GO rich!

「絵本」や「家族年表」を通して考えるこれからの介護。福祉士らしく福祉系セミナーのお知らせ。

「絵本」や「家族年表」を通して考えるこれからの介護。福祉士らしく福祉系セミナーのお知らせ。

 

以前お世話になった長嶺さんが介護のセミナーをロフトでするそうなので告知します。

 

www.loft-prj.co.jp

 

 

 

 

「絵本」や「家族年表」を通して考えるこれからの介護

 

日時:2019年10月19日(土) 12時30分~

 

OPEN 11:30 / START 12:30

 

前売¥2000 / 当日¥2500(共に飲食代別・1オーダー¥500以上必要となります)
※前売券はイープラスにて8/17(土)12:00より発売開始!

 

実在の介護殺人事件を元にした、今年3月に発売された絵本『さいごの散歩道』の著者・長嶺超輝 さん。
家族年表『カゾクロ』を通して、「今よりもっと家族になろうよ」をテーマに活動されてい る小子内智佳子さん。
それぞれ別々の角度から「介護」にまつわる活動をされているお二人による、もっと気楽に介護について考えるきっかけを持てるイベントを開催します。

 

◇『さいごの散歩道』とは?

 
 
 
 
 
 
 
 

この物語は、実話を基にしたフィクションです。

2006年2月1日早朝、京都市伏見区の河川敷で起きた「母親を殺害した息子」の事件をモチーフにしています。大好きな母親が認知症にかかり、仕事を辞めて介護を続けなければならなかったのですが、お金が底をつき、家賃や食費も困窮して、将来に絶望しての犯行でした。母親もこれ以上息子の介護は受け続けられないと、心中を覚悟していたといいます。

この事件は、家庭内介護や生活保護行政のあり方など、現代の日本社会が抱える歪みが、殺人という最悪の形で噴出したものといえます。なぜこのような悲しい事件が起こってしまったのか、どうすれば同じような事件が起きることを防げるのか、考えるきっかけになるような本を作りたいと考えました。

 

◇「カゾクロ」とは?

 

 

 

 
 
 

カゾクロ 「家族」+「クロニクル(年代記)」
つまり、世界にたった一つの家族の年表を作る為のノートです。

家族の「これまで」「今」「これから」を年表にできます。
出会い、子育て、学校、仕事、趣味、介護…あの時こんなことがあったんだ!
知っているようで知らない家族のことが沢山あります。
それを知るきっかけとなり、ゆくゆくは介護が必要になった時の助けにもなるノートです。(公式サイトより)

 

◇こんなあなたにおすすめ!
・家族間のコミュニケーションを増やしたい方
・家族の将来について考える機会が欲しい方
・仕事や家庭で介護に携わっている方
・介護経験はないけど、介護に対する理解を深めたい方
・絵本や音楽が好きな方!

「介護」というテーマですが、決して難しい内容のイベントではありません。絵本や音楽の力を通じて、笑いあり、涙あり!介護について楽しく前向きに考える時間を、みなさんとともに過ごせたらと思います。