セイムエアー

正社員、アルバイト、株式投資の3本の矢+αで日本の貧困から脱却するブログです。GO rich!

7-アメリカ人妻との出会いin出会い系

7-アメリカ人妻との出会いin出会い系

 

 

妻との出会いは本当に偶然だった。「外国人と結婚したいです!僕と結婚しましょう!」というシンプルかつ衝撃的な英文を各国女性陣に絨毯爆撃している最中の出来事であった(気分はまさに回天に乗る特攻兵)。欲しがりません勝つまでは!月月火水木金金!!エブリバティプッチン!そんな時にこのようなメッセージの返信があった。

 「Why do you want to get married with foreigner woman?」

 中々に率直なメッセージである。また、確かに自分自身も疑問に思っていた返答だった。私はメッセージをくれた彼女に素直に日本国外に出たことがなくて閉塞感を感じていること、そして自分自身の価値観を広げていきたいことを話した。そこからは話が盛り上がる盛り上がる。日本心理学諸学会連合認定心理学検定2級(このしょーもない資格の長さが好き)を取得している私の胡散臭い心理学知識で考えれば最初に自分自身の個人的情報を相手に開示すれば相手も自分の情報を教えてくれるようになる。これが自己開示だ!どやどやどやぁぁぁっ!

 ここで相手がアメリカ南部に住んでいる大学4年生で日本に興味があるアメリカ人女性だということがわかった。掲載されている写真はブロンドの髪に青い瞳。ひと目で欧米系の外国人女性とわかる風貌だ。だが、私は外見について言及しなかった。いや、待て。語弊があったかもしれない。言及しなかったというよりも外見をその段階で意識していなかったのである。むしろ過重労働で意識する余裕もなかった。どうせアメリカにいるし。12000キロ先の相手の容姿を気にするほど俺は女に飢えてない(長時間労働により性欲減退)。

 結果的にこのような振る舞いが功を奏した。デーティングサイトに登録している男性達の興味はまず登録女性の写真にあるようでそのような日本人男達に外国人女性達は辟易しているのかもしれない。実際、今のアメリカ人妻に聞いてみるとたくさんの日本人男性がアプローチしていく中で彼らがまず気にしたのは妻の外見であったそうだ。You are cute. You are beautiful.Your eyes are adorable.等。私のアメリカ人妻は歌手のテイラー・スウィフトに似ているとよく言われる。パンピー的に考えたら妻からすればリアル、ネット問わずに聞き飽きてきたセリフだろう。幸運なことに私はJapancupid内で妻の外見を気にしていなかった唯一の日本人男性になった。ハードワークも悪いことばかりじゃないね。