セイムエアー

正社員、アルバイト、株式投資の3本の矢+αで日本の貧困から脱却するブログです。GO rich!

劇団スパイスガーデン第10回公演DRESSING ROOMの感想(ネタバレなし)。シリアスとコミカルの融合から生まれる最高のフィナーレをあなたも!

劇団スパイスガーデン第10回公演DRESSING ROOMの感想。シリアスとコミカルの融合から生まれる最高のフィナーレをあなたも!

 

ブレイクスルー君です。

友人の栗原君に誘われて仕事を定時ダッシュ。

59日(水)の公演を見に行ってまいりました。

劇団スパイスガーデン第10回公演DRESSING ROOM

 

atmovie.tv

 

仕事も多忙だったので事前情報0で見に行きました(スマン栗原君)。

彼が俳優だったのは知っていたけど劇団のことは何も知らなかった。

そういう中で彼の新たな一面を見れて良かったかなと思います。

 

公演鑑賞後には劇団が結成10年目で最近新しいメンバーを入れた情報を入手。

何の情報もない素人からすると本公演は新しい若手メンバーを2人入れたことで表現の幅も増えたのかなと感じました。

 

あと、舞台初見の私が言うのもなんですが。

新メンバーの小西君、山本君の演技はまだまだ稚拙かなと感じました。

 

その一方で若いメンバーの演技は役どころでカバーされているのが◎でした。

さらに既存メンバーの熟達した演技が明らかに2人の演技を引っ張っている。

それは観客にも舞台初見の私にも明らかでした。

 

舞台が進むに連れ、次第に劇団スパイスガーデンという表現者達に観客がのめり込む。

その中で各メンバーがDRESSING ROOMの役どころに費やす熱量を観客に伝えていく。時にはコミカルに。時にはシリアスに。そしてそれらが合算されたフィナーレ。

 

私自身あまり笑わない人間なのですが舞台中盤にはクスっと自然に笑えたし

最後のエンディングでは涙をぐっとこらえることができた。

 

今の私はただの正社員とアルバイトのダブルワーカー。

妻からは三行半を突きつけられ毎日ケンカばかりしている。

そんな単調で深刻な日常で鈍麻していた感情を揺さぶってくれた。

 

揺さぶられて自分自身の感情を表現することを思い出させてくれた。

表現活動をする大切さを改めて感じさせてくれた。

そんな舞台でした。見に行けてよかった。

 

皆さんも熱量溢れる劇団のステージを見に行って見てはいかが?

詳細は以下から。

 

 

Dressing Room 予約フォーム

 

 

 

 

千秋楽まで頑張れ劇団スパイスガーデン!

俺も表現者としてさらに邁進していくでぇ~~~。

 

ワシはとりあえず商業出版の完成原稿を編集者に見てもらっている最中。

さてどうなることやら。

 

 

【あなたはどの稼ぎ方!?ポイント、バイト代何でもござれ!】

 

doubleworkandstock.hatenablog.com

 

 

doubleworkandstock.hatenablog.com


 

doubleworkandstock.hatenablog.com